Page: 1/4   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
餃子工房 RON「点心お試しロンロンセット」 試食してみました
餃子工房_パッケージ
「餃子工房 RON『点心お試しロンロンセット』」を試食してみました。

「餃子工房 RON」は、厳選素材にこだわって餃子を作って40年にもなる、中華点心専門店だそうです。
今回、同店で人気商品6種類がセットになった『点心お試しロンロンセット』が発売されました。合計50個入って1,980円(送料無料)の、大変お得なセットです。

 → 餃子工房 RON
続きを読む >>
| FLYMAN あるいは hyaru | 22:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
こんにゃくラーメン本舗の「こんにゃくハンバーグ」を試食
こんにゃくハンバーグこんにゃく加工食品の通販専門店「こんにゃくらーめん本舗」で販売中の「こんにゃくハンバーグ」を試食しました。

「こんにゃくらーめん本舗」は, こんにゃく芋生産日本一の群馬県昭和村のこんにゃく屋「北毛久呂保」が試行錯誤をして作ったこんにゃく加工食品を販売している通販専門店です。
そして「こんにゃくハンバーグ」は, 群馬県昭和村産のこんにゃく芋を7に,上州牛+奥利根もち豚を3の割合で練り合わせて作られた, 通常のハンバーグより約1/3ほどの低カロリーで食物繊維がたっぷりのハンバーグ・だそうです。
 ※通常ハンバーグ・・・100g当たり223kcal/五訂増補日本食品標準成分表
  こんにゃくハンバーグ・・・100g当たり80kcal
 → こんにゃくらーめん本舗 / 楽天
続きを読む >>
| FLYMAN あるいは hyaru | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コンパクトデジカメ EXILIM「EX-Z400」体験モニター≪第3/3回目≫
CASIO EX-Z400カシオのコンパクトデジカメ EXILIM「EX-Z400」の体験モニターをしています。
 → カシオ EXILIM「EX-Z400」体験モニター≪第1/3回目≫
 → カシオ EXILIM「EX-Z400」体験モニター≪第2/3回目≫

このCASIOのデジカメには,今ちょうどテレビCMでも紹介されていますが「ダイナミックフォト」という面白い機能が搭載されています。
 → EXILIM(エクシリム)「EX-Z400」オフィシャル・サイト

さて,今回はいよいよレビュー投稿の最後です。しかし,今の時期ちょうど年度末で忙しくしてる真っ最中。せっかくEX-Z400の扱いに慣れかけてきたのに,十分ダイナミックフォトの作品を作る時間がないのが,すごく悔やまれます。

ダイナミックフォトを作る
はちゅね制作風景今回のモニターは,ダイナミックフォト機能で理科の教材作りをしてみようと思ったからなのですが,なかなか構想がまとまりません。
そこでとりあえず,はちゅねミクのネギ回し動画を作ってみました。はちゅねミクは,ニコニコ動画内の「ニコニコ技術部」というカテゴリーで,ネギの回し方に関し猛烈に研究されているものです。(今はだいぶ沈静化していますが)一応科学つながりということでで・・・

ダイナミックフォトを作るには,まず切り抜きたい対象物を撮影します。このとき,背景と同じ色は消されてしまいます。この仕組みを使い,ネギを黒色の回転台に乗せたものを黒いマットの上に置き,,釣り糸で回転させ撮影しました。(右画像参照)
こうすることで,回転するネギだけを切り取ることができます。
そして,回転ネギ動画をはちゅねミク画像と組み合わせてできたのが,これです。


本来「はちゅねミク」でのBGMは「イエヴァン・ポルカ」でしょうが,著作権侵害になるといけないので,ここではYouTubeで準備されたフリー音源「Moldevaska Polka」をBGMにしてあります。m(_ _)m

もうひとつダイナミックフォト。これも準備不足ですがちょっと理科教材っぽく。彗星の尾の解説動画を作ってみました。
彗星には,淡く細くシャープに伸びるイオンの尾「イオンテール」と大きく広がる塵の尾「ダストテール」があります。これらは太陽の光に押されて,太陽と反対方向に伸びますが,彗星本体からの角度は微妙に異なります。


 BGM / Inherit The Stars (Medwyn Goodall)

ダイナミックフォト撮影風景右は上の動画の撮影風景です。
背景画像はディスプレイ映像をそのまま撮影したもの。動画部分はプリントアウトしたものを切り取って,持ち手を付け動かして撮影しました。

EX-Z400のその他の機能
EX-Z400にはダイナミックフォト以外にもいろいろ面白くて便利な機能が搭載されています。

桜まず,地味だけど,一番使う機会が多くしかも有用なのが「オートベストショット」機能です。
これは,被写体にカメラを向けてシャッターを押せば,自動的にその対象の様子や撮影条件を判断して,カメラが最適な効果をつけて撮影する機能です。これまでも,同様な機能が搭載されているデジカメもありましたが,EX-Z400はより強力かつ効果的な気がします。

左の画像が「オートベストショット」で撮影した桜の画像です。3mほどの高い位置で,風もあって枝が揺れ,逆光気味の条件で,ズームだけ操作して撮影しました。 (画像をクリックすると原寸サイズになります)

小5理科_作品_マルチモーション撮影次にマルチモーション機能。
これはダイナミックフォトの,静止画版のような機能です。撮影したもののうち,動いているものだけを検出して,背景にコマ撮りで合成するもの。印刷物などで,動く状態を説明するのに便利です。
右は,小5の理科の時間で作った,ふりこを利用したおもちゃです。

小5理科_作品2「食べ物を写します」モードなどという機能も準備されています。自動的にマクロ撮影と色合いが鮮やかな設定にするようです。
右は,滋賀県立琵琶湖博物館に併設されたレストラン「にほのうみ」名物のブラックバス料理「バス天丼」です! なかなか美味しそうに写っています。もちろん実物も大変美味しゅうございました♪

また,EX-Z400には,YouTube撮影モードが準備されています。PCに同包のソフト(YouTube Uploader for CASIO)をインストールしておくと,このモードで撮影された動画が簡単にYouTubeにアップできます。

EX-Z400とダイナミックフォトの総合評価など
EX-Z400を三脚にダイナミックフォト撮影ではいろいろコツがありますが,とりあえずは三脚の使用が大事な気がします。最初に動く対象物を撮影し,次に対象物を除いた背景だけで撮影するのですが,どうしてもカメラが動いてしまい,切抜きが失敗しがちです。
とは言え,一度作成してみればすぐ仕組みは理解でき,デジカメ1台で合成動画が作れてしまうのは便利です。難しく考えずに,そのときの思いつきでぱっと動画を作って楽しむのも良いかもしれません。

また,作成した動画を上記のYoutubeにアップしたり,他のPCに送ったりするには,動画ファイルの作成という一手間が必要です。これにはCASIOからWEBで提供されている,ダイナミックスタジオのサービスを利用します。
 → ダイナミックスタジオ / CASIO
このダイナミックスタジオを使って,アニメを作ることもできます。


私は,最近ではデジカメというと,たいてい携帯付属のもので済ませていました。画像はほとんどPC画面で見るので,サイズ的にはVGA(640×480)で十分だからです。そして,ちょっと大事なものは,デジタル一眼です。そんなわけで,コンパクトデジカメはこの3年ほど,使ったことがありませんでした。

ところが今回,CASIO EX-Z400をモニターして,ちょっと考えが変わりました。
携帯のカメラは画質的には不満はないものの,立ち上がりが遅かったり,あくまでも電話との兼用なので撮りたい時にすぐ撮れないなど,使っているときは微妙にストレスを感じます。
またデジタル一眼レフは,確かに良くは取れますが,大きくかさ張ってかつ重いので,普段持ち歩く気にはなれません。それに,プリントが必要な場合でも,フルサイズの画質まで必要な機会は,私の場合まずありません。
であれば,高性能な小型コンパクトデジカメがあれば,これらの不都合から回避できるわけです!
・・・今持ってる一眼レフを手放して,EX-Z400買おうと真剣に考えています。
 → EXILIM(エクシリム)「EX-Z400」オフィシャル・サイト

新着 CASIOではダイナミックフォト登校サイト「ダイナミックコミュニティー」を3/19に公開しました!
 → ダイナミックコミュニティー / CASIO
(これはB-Promotionモニターのエントリです)B-Promotion(ビープロモーション)
キャンペーンバナー

カシオ EXILIM(エクシリム)「Z400」
| FLYMAN あるいは hyaru | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
カシオ コンパクトデジカメ EXILIM「EX-Z400」体験モニター≪第2/3回目≫
CASIO EX-Z400カシオのコンパクトデジカメ EXILIM「EX-Z400」の体験モニターをしています。このデジカメには「ダイナミックフォト」という面白い機能が搭載されています。

 → カシオ デジカメ EXILIM「EX-Z400」体験モニター≪第1/3回目≫
 → カシオ デジカメ EXILIM「EX-Z400」体験モニター≪第3/3回目≫


 → EXILIM(エクシリム)「EX-Z400」オフィシャル・サイト

カシオ EXILIM「EX-Z400」の特徴
EX-Z400の特徴は「押すだけ」で,きれいに上手に撮れてしまうという事です。そのために,
 ・被写体の動きを追尾してピントを合わせ続けるオートフォーカス
 ・夜景や逆光でもスローシンクロなどのテクニックをカメラが実行
 ・笑顔の瞬間を逃さず撮影する顔認識
 ・強力なブレ補正
    :
ミノルタMS-10土星投影機などの機能が搭載され,その場面場面でにカメラが自動判断して「勝手に」判断して撮影が行われるわけです。

実は私もデジカメなどまだ世の中にない時代に,マニュアル式の一眼レフで写真を取っていた経験もあるのですが,このEX-400は,何も考えずに撮りたいものにカメラを向けてシャッターを押すと,たいてい思ったより上手に写っていました。
これらの効果は人物写真に顕著で,うまく写りすぎて,なんだか自分が撮ったのでは無いように感じるほど。(実際に撮った写真は,皆さん顔出し拒否につき,ご紹介できないのが残念!)
これまでも,似たような売り文句のカメラはありましたが,これほど効果を実感したのは
初めてです。
右上画像は,プラネタリウム投影機の土星投影部分の拡大です。普段はなかなか見る機会のないものかも。

ダイナミックフォトとその作例
さて,前置きが長くなりましたが,EX-Z400いちばんの面白い特徴が,簡単に背景合成動画を作れる「ダイナミックフォト」機能です。
ダイナミックフォトとはどんなものか?作例は次のサイトを。
 → ダイナミックフォト広場・サンプルギャラリー / CASIO
グリーティング・ドリーム・ジョークなどのテーマに沿ったサンプル動画が紹介されています。
最近は携帯で画像を人とやり取りする事が本当に頻繁になりましたが,こんなジョークの効いた動画はぜひ人に見せたいですね。

ダイナミックフォトを作ってみた
前回に引き続き,ダイナミックフォトを作ってみました。
ヌイグルミ動画を作り,都会の夜景に貼り付けてみました。


理科教材への応用
さて,私がこのデジカメEX-Z400のモニターに応募したのは,理科の教材画像の作成に活用できないかな?と思いついたのがその理由です。
前回に引き続き,今度は「生物分野」でひとつ練習してみました。動物園でタンチョウヅルを撮影し,背景が消えたところで,田んぼの刈り後の背景に合成して見ました。これで,より自然の生態がイメージしやすいのではないかな?


撮影したダイナミックフォトをYoutubeなどで公開するには,画像をflv形式のファイルに変換するのですが,そのためにカシオでは「ダイナミックスタジオ」というwebサイトにツールを準備しています。ブラウザを使って操作ができます。
 → ダイナミックスタジオ/CASIO
このツールを使ってふと思いついたんですが,もしかしてこれを使えばコマ送り状の静止画を撮影したものでも,flv形式の動画が作れてしまうのでは?
それで,さっそく試してみました。今度は「化学分野」の作例で空気に含まれる分子の紹介動画です。


今回はまだ,習作の域をでていない作品でした。ダイナミックフォト,操作自体は2・3回ですぐ覚えられる,簡単なものです。しかし,動画をうまく切り取ったりなどの細かなコツは,やはり少々練習が必要そう。でも,何回かやっているうちにだんだん上手になるようで,それもまた楽しいものです。
次回の最終回では,習作ではなく本当に教材として使えるような「ダイナミックフォト」をがんばって作ってみようと思います。今度は効果音なども重ねてみたいな。

新着 CASIOではダイナミックフォト投稿サイト「ダイナミックコミュニティー」を3/19に公開しました!
 → ダイナミックコミュニティー / CASIO

(これはB-Promotionモニターのエントリです)B-Promotion(ビープロモーション)
キャンペーンバナー

カシオ EXILIM(エクシリム)「Z400」
| FLYMAN あるいは hyaru | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
カシオ コンパクトデジカメ EXILIM「EX-Z400」体験モニター≪第1/3回目≫
カシオ デジカメEX-Z400カシオのコンパクトデジカメ EXILIM「EX-Z400」の体験モニターをすることになりました。
 → EXILIM(エクシリム)「EX-Z400」オフィシャル・サイト
 → カシオ コンパクトデジカメ EXILIM「EX-Z400」体験モニター≪第2/3回目≫
 → カシオ コンパクトデジカメ EXILIM「EX-Z400」体験モニター≪第2/3回目≫

個人的には,普段の画像撮影はほとんど携帯のカメラですませてます。このブログのもそうです。携帯で撮ってメールで送って加工し掲載。
そこそこには撮れてますが,他のサイトで,サイズが小さくても非常にきれいな画像が載っていたりして,そういうの見ると若干うらやましくもあります。
デジタル一眼なんかで撮影すると,やはりすごく良く撮れるものですね。

exlim400そんな状況下でコンパクトデジカメです。主な特徴は2つ。
ひとつは,とにかくシャッターボタンを押すだけで,きれいな写真が取れるように,とことん工夫されているそうです。
もうひとつは,ダイナミックフォト機能。これは,連写した画像をもとに,動く合成写真に加工する機能だそうです。
 → ダイナミックフォト/カシオ
サンプル画像では楽しい作例が紹介されていますね。
果たしてこれらの特徴で改めてコンパクトデジカメの意義を見出せるでしょうか。

カシオ ダイナミックフォトダイナミック画像ですが,実はちょっと期待しています。この機能を利用し,仕事や教育の場向けの資料や教材となる画像を作ってみたいと思っています。
資料や教材では,パラパラアニメ的な見せ方が効果的となる場面が良くあります。
もちろん,そういうのはパワーポイントや,フラッシュ・アニメーションGIFの手法で作成できます。しかし,実写の画像をそのまま利用できたり,手書きでざっくり描いたイラストが使えれば,非常に手軽なように思えます。


とりあえず,ダイナミックフォト作ってみました。
サハラ砂漠を疾走?する,歯みがきロボットです。

・・・まだまだ練習が必要のよう。
スーパーボールの実験次に,理科の教材作成の練習第一弾として,スーパーボールの転がる様子を動画にしてみました。

右の画像のように生活感あふれる状態での撮影ですが,ダイナミックフォト加工で余計なものはいっさい削除され,転がるボールだけの動画に変換されます。


キャンペーンバナー

カシオ EXILIM(エクシリム)「Z400」
(これはB-Promotionモニターのエントリです)B-Promotion(ビープロモーション)
| FLYMAN あるいは hyaru | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
水沢うどん 遊喜庵の試作品 「鴨南蛮うどん」を試食
カモ南蛮パッケージ水沢うどんの通販専門店,楽天内の遊喜庵(ゆうきあん)の試作品「鴨南蛮うどん」を試食しました。
群馬県渋川市伊香保の「水沢うどん」は,讃岐・稲庭とならぶ3大うどんのひとつで,「遊喜庵」は水沢うどんの有名店「大澤屋」が運営する,うどん専門通販店です。
 → 水沢うどんの通販専門店「水沢うどん 遊喜庵」


カモ南蛮内容物届いたパッケージを開けると,半生うどん,レトルトの鴨南蛮パック,ストレートつゆ,それから七味の小袋がそれぞれ2人前入っていました。それに調理説明書のチラシ。普通,説明はうどんの袋に印刷されていますが,こうやって個別の印刷物だと,非常に見やすいですね。

ちなみに「鴨南蛮」ですが,鴨はもちろんカモ肉の事ですが,南蛮は長ネギの事です。昔からカモがネギ背負って・・・といいますが,鴨肉の濃厚な味とネギは合い物ですね。

カモ南蛮パッケージ麺は半生めんなので,風味は生めんとほとんど変わりのないのに,常温で20日も保存できます。
作り方は簡単です。うどんはたっぷりの湯で指定時間茹でます。お湯をケチると,麺に塩味が残ったり,十分なコシが出なかったりします。また別の鍋でつゆと鴨肉を暖めておきます。それから長ネギだけはこちらで準備しなければなりません。絶対に忘れないように!

カモ南蛮 出来上がりという事で出来上がり!鴨肉がたっぷり入っています。濃厚なつゆの香りがただよってきました。さてこのつゆと,白く繊細な水沢うどんとの相性はいかに?

さて,試食です。まずは丼に口をつけ,つゆを一口。つゆはカツオ・しょうゆ・みりんという関東風のものです。見た目と違わず鴨肉の脂も加わり,濃厚な滋養あふれる感じのつゆです。鴨は軽くローストしてあるのか,若干の香ばしさがあるのがまた良いです。

カモ南蛮 カモ肉そして意外にも,水沢うどんはこのつゆと具材には負けていません。むしろ対比が際立ってすっきりした水沢うどんのおいしさが前に出てくる感じ。
それにしても,カモ南蛮はとにかく体が温まりますね。今の季節にぴったり。
ネギは白いところを4・5cmの長さに切り,できれば網かフライパンでちょっと焦げ目をつけると本格的。香ばしさと甘味がでてきます。
なお,つゆは少し濃い目に作られています。あらかじめ味見して,好みの濃さにすると良いと思います。また,関東風のしょうゆの香りが苦手な方は,みそ・おろししょうが・おろしにんにくをちょっと加えると,味に丸みがでてきます。
あと,付属のカモ肉ですが,箸でつつくと崩れそうなのはちょっと柔らかすぎるかな?

この試作品「鴨南蛮うどん」は,楽天・遊喜庵でオークション形式で限定発売中です。(〜2009年01月29日 21:59)締め切りが迫っているので希望者は早く!
 → オークション限定発売!10名様(20食)限定!鴨南蛮水沢うどん

キャンペーンバナー

水沢うどん 遊喜庵 「試作品 鴨南蛮うどん」
(これはB-Promotionモニターのエントリです)B-Promotion(ビープロモーション)
| FLYMAN あるいは hyaru | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
「オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』」を使ってみる (4/4)
まずモニター報告の前に,こんな記事を見つけました。
 → 2008/04/28 高品質ICレコーダー リニアPCMが人気 / Cnet JAPAN
 → 2008/04/14 生録ブーム再び? / BCNランキング
リニアPCMレコーダーが入手しやすくなったことで,中高年男性を中心に生録ブームが再燃してるんですね。知りませんでした。

では,「オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』」のモニター報告4回目(最終回)です。
 → モニター報告3回目

自然音の生録その3
森の録音1野鳥の鳴き声録音のコツは「1に早起き,2に早起き。3,4がなくて5に早起き」と言われています。野鳥は日の出頃から鳴き始めますし,早朝は自動車などの人工音の邪魔も少ないからだそうです。

ところが,今年は猛暑で最低気温も高かったため,朝からどこへ行ってもセミの大合唱で,せっかく早起きしても鳥の鳴き声は聴くことができませんでした。9月に入って少しは気温も下がりましたが,今度は大雨の毎日!
そんな中,たまの晴天を狙って早起きし,LS-10を携えて生録してきました。
続きを読む >>
| FLYMAN あるいは hyaru | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
「オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』」を使ってみる (3/4)
「オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』」のモニター報告3回目です。
 → 報告2回目

田んぼ●鳥の声が録れない・・・
野鳥の声を録る目的で応募したモニターでしたが,未だ録れてません。というのも,山へ行っても朝からセミがうるさくて,鳥の声がかき消されてしまってるからです。今年の夏は妙に最低気温が高く,昼夜なしにセミが鳴いています。
ということで予定変更し,フィールドを平野に求め,虫の声を録る事にしました。次のモニターこそは鳥の声を紹介したいものです。
続きを読む >>
| FLYMAN あるいは hyaru | 20:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
「オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』」を使ってみる (2/4)
「オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』」のモニター報告2回目です。
 → 報告1回目
 → オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』
LS-10に同梱の「生録ハンドブック」には3つのシーン別の使い方が紹介されています。
 Scene1:音楽を録る・・・室内やスタジオなどでの楽器の練習や、ホールなどでの発表会の音楽を録る。
 Scene2:自然音を録る・・・野外で、野鳥のさえずりや川のせせらぎの自然音、SLの音などを録音する。
 Scene3:会議を録る・・・会議や講演会など人の声を録音する。 

まずは自然の音を生録してみることにしました。
続きを読む >>
| FLYMAN あるいは hyaru | 10:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
「オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』」を使ってみる (1/4)
CS-10_03「オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』」をモニターする事になりました。
そこにあるすべての音を、そのままに残したい・・・
LS-10は、「純粋なまま、できるだけ忠実に記録したい、残しておきたい」という思いを徹底的に追及し、実現した高音質録音レコーダーです。
非圧縮のデジタル録音方式であるリニアPCMを採用し、そのクオリティを最大限に引き出すために徹底して音にこだわった高音質設計を施しました。 (オリンパスのサイトから)

CS-10_02最近は音楽などはたいてい「mp3」などの圧縮形式にして,デジタルプレーヤで楽しんでいます。しかし,普段聞き流すには十分な音質とはいえ,CDやアナログレコードなどの非圧縮のソースは,やはり迫力が違うものです。
このLS-10は小型にも関らず,リニア=非圧縮wav形式でCDをも超える音質で録音できる,レコーダーです。しかも上部にはツノのように張り出した高性能マイクが装備されています。
 → オリンパス リニアPCMレコーダー『LS-10』
続きを読む >>
| FLYMAN あるいは hyaru | 19:58 | comments(7) | trackbacks(0) |

My associate web store

個人消費が日本経済を救う
1500円以上は送料無料
さぁ・Let's クリック!!!


気になるグッズ
備忘ログの本棚


手軽で便利なプレゼント Amazonギフト券

雨雲レーダー

Entry

Category

Comment

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Mini BBS


Profile

Search

Link

WebLog

The moon phase


太陽黒点
Planetary Motion
by Moon Age Calendar
現在の内惑星の位置
by つるちゃんのプラネタリウム
The Sun Now / SOHO
Nikon 今月の星空案内

Podcast RSS ラジオ

Feed

Sponsored Links (広告)

無料ブログ作成サービス JUGEM トレンドマイクロ・オンラインショップ

Trackback

!スパムTBが多いため,送信元の記事に該当記事へのリンクがないトラックバックの受付を拒否する機能を設定中です。よろしくお願いします。

Archives