Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
テクノ工作セットのふろく付き「大人の科学」
大人の科学vol27Arduino互換基板のふろく付きの「大人の科学」,発売延期になってましたが5/14にとうとう発売になっていたようです。
 → 「大人の科学マガジン Vol.27」/学研

Arduino(アルドゥイーノ)は半年ほど前から興味が出て,いつの間にか基板が10枚近くになってしまいましたが,それにもかかわらず大人の科学は記事も面白いので,やはりつい買ってしまいそうです。(^^;

これまでの弊ブログのArduino関連記事
 → Arduinoアルドゥイーノ

| FLYMAN あるいは hyaru | 06:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
seeduino stalkerが届いた
seeeduino時計(RTC)とSDカードリーダー実装のArduino互換機,Seeed Studio社「Seeeduino Stalker」がやっと届きました!

今年はじめの発売でしたが,発売元が中国のため2月一杯メーカーが旧暦正月休みだったり,ずいぶん時間がかかりました。。。
しかし,さっそく開封して通電しようとしたところ,なんと基板のコネクタとUSBアダプタの接続コネクタがあいません! オス・メスにピン数まで違ってます。
つなぎ方を調べなきゃいけないな・・・。ちょっと動かすのは週末までおあずけ。

※Seeeduino StalkerはCrazyCircuitさんがヤフオクで出品しています。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/not_256
| FLYMAN あるいは hyaru | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
4MOTORS Shield 組み立て完了
4motorsShield今晩1時間ちょっとかかって,ようやくハンダ付けできました。
もう眠いので,試運転は明晩の予定。
 → 2010.03.19 galileo7社 4MOTORS Shield が届いた・・・

| FLYMAN あるいは hyaru | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
galileo7社 4MOTORS Shield が届いた・・・
4motorsShield2010.03.16 Den2duino・・・でんでんドゥイーノで取り上げた,galileo7社4MOTORS Shield が届きました。
しかし,そういう事になっているのは了解済みですが,やはり組立てキットでした(笑)。

私は,ハンダ付けは自信がありました。専門職ではありませんが,一時期それに近い状態だったからです。半端じゃない数をこなしています。
・・・しかしそれも過去形。今は老眼と乱視が極度に進行して,細かい細工は本当に苦手になってしまいました。

乱視が入っているので,拡大鏡でもピントが定まりにくいのが悔しい。
かくなる上は,ココロの目・「心眼」でハンダ付けするしかありませんね。
上位機種のDen2duino(でんでんduino)は作れないだろうなぁ。
| FLYMAN あるいは hyaru | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
新発売のモータードライバ付きArduino・Den2duino(でんでんドゥイーノ)
大阪のArduino関連製品販売店「galileo 7 (ガリレオ・セブン)」から,DCモータードライバが4つ載ったArduino互換ボードが発売されました。
den^2duino

Den2duino(でんでんduino) 販売価格 5,985円(税込) / galileo-7
 CPU ATmega328P(16MHz)
 DCモータドライバIC 東芝セミコンダクター「TB6552」

これまでモーター2個用のドライバ・シールドはありましたが,4個用と言うのは使いでがあります。その上,RCサーボ用コネクタが2個付いているのも嬉しい! 合わせて6個のアクチェーターで,ロボコン的なものは大体いけるのではないでしょうか。
ただ「組み立てキット」となっているのが恐怖! さすがに面実装のモータードライバICは取り付け済みだそうですが。老眼には通常サイズの部品でもハンダ付けが億劫です・・・
なおネーミングは大阪・日本橋の「でんでんタウン」からとっているそう。モーター4個なので「Den4duino」じゃだめかな?

motorsなお,ドライバ部分だけ取り出した,シールドも先行発売されています。これも組み立てキット。

4MOTORS 販売価格 3,938円(税込) / galileo-7

Arduino分の差額が2,000円なら,上記の互換ボードタイプの方がお得ですね!


※ボードの画像はgalileo 7さんのサイトから
| FLYMAN あるいは hyaru | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョイスティック付きノキアLCDシールド
LCD Shieldジョイスティック付きノキアLCDシールドというのを買ってしまいました。
 ●Nokia 3310 LCD shield v1.0 with Joystick
  £9.99 / nuelectronics社

ノキア携帯の白黒LCDとジョイスティック(?)のシールドです。
nuelectronics社(イギリス)ではカラー版のも作っています。それは大阪のgalileo 7さんでも扱っており,購入しようと思ったところ,残念ながら品切れ。
それで,nuelectronics社のほうに直で白黒版を注文しました。
続きを読む >>
| FLYMAN あるいは hyaru | 23:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
Arduinoに接続するコネクタ
Arduino+EIネットでArduinoを使った工作を見てると,ブレッドボードを使った試作的なものが多いようです。
その場合の配線は,たいてい基板のコネクタに直接ジャンパ線を差し込んで行われています。
ただ,ロボットなど動くものに使う場合はきちんとコネクタを介して接続すべきでしょう。
それで,手元にあったEIシリーズコネクタのヘッダーを挿してみたところ,ぴったりでした。
当たり前といえば当たり前ですが,なんか嬉しい!

Arduino+EIHDDのケースでドライブが交換可能なリムーバブルタイプのものがありますが,あんな感じでArduinoケースが無いかな?なければ作ろうかな・と考えています。CDドライブみたいに電動トレイ式だとなお良い。

ロボットのArduinoケースにArduinoをセットし,トレイをスライドさせると電源がONになり,シャキーン!と起動音が鳴りロボットの目が光るとか。
| FLYMAN あるいは hyaru | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
デジタル静電容量計を作った
デジタル容量計仕事の息抜きに,買い置きしてあった「デジタル静電容量計」を作りました。

コンデンサ(最近の言い方ではキャパシタ)の容量・静電容量を測定する機械です。万能測定器のテスターでも,これが測れるのは少ない。基板の下の方についている心臓部となる横長のICは,ArduinoでおなじみのAVRマイコンチップです。

基板に部品をハンダ付けするだけで完成。30分くらいかな? ノーチェックで電池をつないでスイッチON・・・LED表示点灯・成功!
昔取った杵柄,この程度の半田付けは朝飯前・・・のはずですが,老眼の進んだ目には無茶苦茶つらくて,ストレス増えました。
調整箇所もなく使い方も簡単で,1pF〜500μFまで切り替え無しで測れます。
バリコンから自作するゲルマラジオ作りに役立ちそう。

このキットは秋月電子通商で売っていますが,CrazyCircuitさんが同じものをヤフオクで売られています。送料とか入れるとこちらが安上がり。
 → CrazyCircuit
  ●デジタル静電容量計キット 1,580 円(税・送料込み)
  (ページの下のほうにヤフオクサイトへのリンクが)
| FLYMAN あるいは hyaru | 18:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
Arduino IDEからの独立
ArduinoにBASICインタープリターとかOSとか,Arduinoならしめている「IDE環境」を使わない話ばかりしてます。
galileo7 さんのブログを見ていたら,Arduino+IDEスケッチで使うと本来のAVRのスピードが出ないと紹介されていました。
IDEスケッチは,プログラミングを楽にするために,I/Oやレジスタ制御の部分をArduinoライブラリが肩代わりしてくれているそうです。
それで,

 → Arduinoは遅いか? / galileo7 ショップブログ

この記事のテストによれば,「AVR」として使うと10倍近いスピードが出るようです。
IDEスケッチでも私には十分に満足できるスピードですが,何かの時はそういう手もある・と。
| FLYMAN あるいは hyaru | 21:18 | comments(4) | trackbacks(0) |
ArduinoのOS
週末からPCに向かいっぱなしの仕事が続いています。
で,飽きるとArduino関連の事を調べ息抜きしています。
Arduinoにインタプリター実装だけでなく,OSが欲しい気持ちが沸いてきました。
AVRは8bitのCPUでしかありませんが,8bitCPU用OSといえば,かのIBMの悲劇の主人公・キルドール氏による「CP/M」があります。ArduinoにもOSが載ってもおかしくはない。
それに確かCP/Mはフリーで公開。それを移植すれば・・・でも,ソースまで公開されてたかな?それにインテル8080用のCP/MをRISCプロセッサのAVRに移植は大仕事だろうな?とか考えなが,らググってみればすぐ情報が!
 → 4 Operating Systems for the Arduino / Liquidware Antipasto
英文ページなので良く読めてないですが,なんだかすでに4つもOSができてる模様。

4つのうちの「Pyxis OS」は,つい最近,かの「日本版MAKE:」のブログでも取り上げられてる模様。
 → Pyxis OS -- Arduino用OS

●Pyxis OS RELEASED


・・・GUIかぁ〜・しかもカラー! モノクロの地味なCUIで良いんだけど(笑)。
| FLYMAN あるいは hyaru | 12:48 | comments(2) | trackbacks(0) |

My associate web store

個人消費が日本経済を救う
1500円以上は送料無料
さぁ・Let's クリック!!!


気になるグッズ
備忘ログの本棚


手軽で便利なプレゼント Amazonギフト券

雨雲レーダー

Entry

Category

Comment

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Mini BBS


Profile

Search

Link

WebLog

The moon phase


太陽黒点
Planetary Motion
by Moon Age Calendar
現在の内惑星の位置
by つるちゃんのプラネタリウム
The Sun Now / SOHO
Nikon 今月の星空案内

Podcast RSS ラジオ

Feed

Sponsored Links (広告)

無料ブログ作成サービス JUGEM トレンドマイクロ・オンラインショップ

Trackback

!スパムTBが多いため,送信元の記事に該当記事へのリンクがないトラックバックの受付を拒否する機能を設定中です。よろしくお願いします。

Archives