スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
温度で変色「フリクションインキ」
パイロットから2007年から発売されている,消せるボールペン「フリクションボール」というのがあります。
 パイロット【フリクションボール】0.5mm 0.7mm
  楽天・えんぎのいいはんこや


これまでも消せるボールペンというものはありましたが,それは紙へ浸透しにくく,かつ乾燥しやすいインキを使ったものだったと思います。そのため消しゴムで消すと,書いたインクが剥がれ落ちて消えるわけです。
それに対し,フリクションボールは温度で変色するインキを使っています。ボールペンのおしりのゴムで書いた文字を擦ると,摩擦熱で消える。使われている「フリクションインキ」は65℃で無色になるそう。
鉛筆を消しゴムで消すように色素を取り除くのではなく,書いた文字を見えなくしてるわけで,そのためこの消えた状態のインキは−15℃でまた発色する性質があるので,そこまで冷やしてやると,また文字が浮き出てくるそう。
現代版「あぶり出し」として科学実験のネタになりそうです。
あるいは,電熱線の発熱状態を見るサーモテープ代わりに使えるかも。


ところで,この「フリクションインキ」ですが,4/25放送のTBS「がっちり・マンデー!! −せまい業界第9弾!インキ業界!−」で紹介していたところによると,ボールペンに使われている65℃のもの以外に,5℃刻みでいろんな温度に対応するものが実は開発済みだそうです。
いろいろ使い道がありそうなので,ぜひ小売して欲しいもの。
| FLYMAN あるいは hyaru | 06:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 06:28 | - | - |
Comment
ほるんさん>
サーモテープにも繰返し使えるものがありますが,2000円はしますよね。その点,こちらは1本210円なので気軽に使えそう。
それに,新しい科学技術の活用例の紹介ネタにもなりますね
ただ−15℃まで冷やすのは,結構難しいかも・・・
Posted by: Hyaru |at: 2010/05/03 9:16 AM
ほほ〜・・・・!!^^
なかなかおもしろい仕組みの製品ですね。
サーモテープ代わり・・ってあたり、ちょっと惹かれます^^
Posted by: ほるん |at: 2010/05/02 3:18 PM








Trackback

My associate web store

個人消費が日本経済を救う
1500円以上は送料無料
さぁ・Let's クリック!!!


気になるグッズ
備忘ログの本棚


手軽で便利なプレゼント Amazonギフト券

雨雲レーダー

Entry

Category

Comment

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Mini BBS


Profile

Search

Link

WebLog

The moon phase


太陽黒点
Planetary Motion
by Moon Age Calendar
現在の内惑星の位置
by つるちゃんのプラネタリウム
The Sun Now / SOHO
Nikon 今月の星空案内

Podcast RSS ラジオ

Feed

Sponsored Links (広告)

無料ブログ作成サービス JUGEM トレンドマイクロ・オンラインショップ

Trackback

!スパムTBが多いため,送信元の記事に該当記事へのリンクがないトラックバックの受付を拒否する機能を設定中です。よろしくお願いします。

Archives