スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
湿度測定その後の後
2010.05.04 湿度測定その後 のその後です。

デジタル湿度計計測先日,会社の倉庫で良い物を見つけてしまいました。データロガー付きの0.1℃まで読める,デジタル温度計です。10年以上前に購入し,何かで評価したきりデッドストックになっていた物のようです。

温度センサーが外付けで2個付いています。乾湿計にするにはおあつらえ向きです。またデータを内部メモリに記録して,あとでPCで取り込む事もできます。
商品名は「おんどとり」。調べたら,現在でも後継機種が販売されているようです。
 → おんどとり / T&D

古いものでちゃんと動くかどうか分からないけど,ノークレーム・ノーリターンと言うことで,タダで払い下げてもらいました。

さっそく湿度測定を試してみました。
   ****************************************

電池を入れてみたところ,一応くっきりと数字が表示されました。コップの水の温度を棒温度計と比べて測っても値は狂っていません。
また一方のセンサにコットンを巻いて湿球状態にして,棒温度計の湿球と比べても同じ温度を示してくれます。ちゃんと乾湿計として機能してくれそうです。
ともかくデジタル式は数値を読むのが楽なので,これまでの棒温度計のものより非常な改善になりました。

さてこれまで,自分で測った乾湿計による湿度は,近くのアメダスの測定値と比べていますが,一応±5℃で収まっています。しかし,近いとはいえ同じ場所ではないので,湿度が同じとは言い切れず厳密には正確さは立証できません。なので一度そのアメダスのところで自分の乾湿計で測定し比べてみることにしました。

ちょうど気象台の近くへ行くついでがあったので,新兵器のデジタル乾湿計を持参し,勝負を挑んでみました。国の機関の公式の露場(中までは柵があるので入れませんが)で測定するのは,何かちょっとエラくなった気分。
草野球チームが東京ドームで試合をするようなものでしょうか。
 <結果>
  本家アメダス発表値・・・気温21.5℃ 湿度38% 
  自作デジタル乾湿計・・・乾球22.0℃/湿球14.6℃→ 湿度40%
残念ながら気温で0.5℃,湿度は2%の差でした。まぁ素人の測定ですし,この程度まで測れれば上等でしょうか。
| FLYMAN あるいは hyaru | 00:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:19 | - | - |
Comment
ほるんさん>
なるほど・カーアクセサリーにそういう温度計ありましたね! 乾湿計として転用できるかも。
でも考えたら,乾湿計方式でなく,3000円も出せばそこそこ正確そうなデジタル湿度計は買えてしまいますね(笑)。
気象庁の手引きでも,乾湿計は特に高精度とは書かれていますが,実際のアメダスは電気的センサによる測定のようです。
Posted by: hyaru |at: 2010/05/12 10:24 AM
「おんどとり」かわいい名前ですね^^
デジタルで数値が読める・・・
旦那の車についている温度計を思い浮かべてました!
車内と車外の温度を測れるやつ!
車グッズの好きな人なんです・・・^^;
最近は私の仕分け作業に引っかかって、購入数めっきり減りましたが(爆笑)
Posted by: ほるん |at: 2010/05/11 1:32 PM








Trackback

My associate web store

個人消費が日本経済を救う
1500円以上は送料無料
さぁ・Let's クリック!!!


気になるグッズ
備忘ログの本棚


手軽で便利なプレゼント Amazonギフト券

雨雲レーダー

Entry

Category

Comment

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Mini BBS


Profile

Search

Link

WebLog

The moon phase


太陽黒点
Planetary Motion
by Moon Age Calendar
現在の内惑星の位置
by つるちゃんのプラネタリウム
The Sun Now / SOHO
Nikon 今月の星空案内

Podcast RSS ラジオ

Feed

Sponsored Links (広告)

無料ブログ作成サービス JUGEM トレンドマイクロ・オンラインショップ

Trackback

!スパムTBが多いため,送信元の記事に該当記事へのリンクがないトラックバックの受付を拒否する機能を設定中です。よろしくお願いします。

Archives