スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
立体だまし絵
3D錯視小学校の理科室に「理科教育ニュース」というものが貼られています。毎月面白そうな実験が紹介されているのですが,残念ながら目を留めている子供たちは少なさそう・・・。

1月は「立体だまし絵」特集。誠文堂新光社から「へんな立体」を出されている杉原厚吉さんの作品が紹介されていました。
杉原さんの作品は以前私も作ってみましたが,確かに指先を通じて脳が鍛えられました。
 → へんな立体 2008.02.24 Sunday / 弊ブログ

3D錯視ちょっと別の種類になりますが,これまた以前に作った立体だまし絵を並べておきました。
左の緑の恐竜は「ガードナー・ドラゴン(Gathering for Gardner Paper Dragon)」。
どこから見ても恐竜がこちらに首を振って睨んできます。両目でみるとそうでもないのですが,ラップの芯から片目で覗くと「おおっ!」となります。
ガードナーということは,数学パズルなどの研究家で有名なマーチン・ガードナーさんが考案したのかな?
 → Gathering for Gardner Paper Dragon / Great things on the web
右の車の作品は,デザイン・シコウさんの "DRIFT BATTLE"。
 → 遊びの工房 / horirium

ガードナー・ドラゴンの動画


へんな立体―脳が鍛えられる「立体だまし絵」づくり
杉原 厚吉 (著)
出版社: 誠文堂新光社 (2007/10)
ISBN-10: 441680752X


| FLYMAN あるいは hyaru | 23:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:27 | - | - |
Comment
ほるんさん>
錯視は去年の支援先でもミニ実験室で取り上げました。
人間の感覚は実はアテにならないから,きちんと測定して記録する事が大事!と,教育的にまとめました^^
Posted by: Hyaru |at: 2011/03/01 5:57 PM
6年生は授業内容も終わり、理科工作で6年間の理科学習を振り返っています^^
その中にこの工作も取り入れてみました^^
「動物の体のはたらき」に関わらせて、感覚の不思議?と言うことで・・・・・
出来上がったものを とっても楽しそうに眺めてました。
情報、いつもありがたいです^^
Posted by: ほるん |at: 2011/03/01 3:35 PM
ほるんさん>
理科教育ニュースは,教科書内容にとらわれない,面白い実験がたくさんありますね!
Posted by: Hyaru |at: 2011/02/16 11:47 AM
理科教育ニュースはとっても面白い内容ばかりで、支援員の学校では見入ってました^^
勤務校では購入していません^^;
Posted by: ほるん |at: 2011/02/16 8:37 AM








Trackback

My associate web store

個人消費が日本経済を救う
1500円以上は送料無料
さぁ・Let's クリック!!!


気になるグッズ
備忘ログの本棚


手軽で便利なプレゼント Amazonギフト券

雨雲レーダー

Entry

Category

Comment

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Mini BBS


Profile

Search

Link

WebLog

The moon phase


太陽黒点
Planetary Motion
by Moon Age Calendar
現在の内惑星の位置
by つるちゃんのプラネタリウム
The Sun Now / SOHO
Nikon 今月の星空案内

Podcast RSS ラジオ

Feed

Sponsored Links (広告)

無料ブログ作成サービス JUGEM トレンドマイクロ・オンラインショップ

Trackback

!スパムTBが多いため,送信元の記事に該当記事へのリンクがないトラックバックの受付を拒否する機能を設定中です。よろしくお願いします。

Archives