Page: 2/103  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
4回降った3月の雪
福井県嶺北地域の平野部では,大雪の年の3月には3回雪が降るのが普通です。そのうち1回は彼岸明け。
今年も26・27日に雪がチラつき,「彼岸が過ぎたのに,いつになったら春に?」と良く聞きましたが,別に普通の出来事です。現にそこそこ大雪の昨年は3/29に積雪がありましたし,1昨年は3/27に降っています。
 → 2010.03.29 なおも雪! 弊ブログ

ところが記録的な大雪・低温だった今年は,彼岸前に3回・後に1回の,合計4回降りました。1回多い。これは結構珍しい出来事です。
なおこの「回」というのは体感的なもので,1つの寒気による一連の降雪ということです。降って止んで1回とか、あるいは気象台発表の雪日数とも違う数え方です。

今シーズンは記録的な積雪でした。最深積雪があったのは1/31。福井市で119cm,今庄で244cm。
もっとも積雪深の数字だけでみると確かにすごいのですが、感覚的にはそれほどでも無い感じがしました。
・低温が続いたために,積雪の計測をするような場所(=人の通らない広場)の雪は融けずに積もる一方でしたが,道路などは除雪が進んでいました。
・今シーズンは30cm/日を超える降雪はありませんでした。

2011-3の雪記録
 → 過去の気象データ 福井 2011-03 / 気象庁
| FLYMAN あるいは hyaru | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウォーターベッド
ウォーターベッドを使って娘に物理的法則を教える父親の動画だそうです!
| FLYMAN あるいは hyaru | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
エッシャーの滝は実在? 立体だまし物体
エッシャー 滝エッシャーの作品でも有名な「滝」というだまし絵,遠近法を使った二次元上のみの産物と思っていましたが,実際に存在するようです!

| FLYMAN あるいは hyaru | 22:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
立体だまし絵
3D錯視小学校の理科室に「理科教育ニュース」というものが貼られています。毎月面白そうな実験が紹介されているのですが,残念ながら目を留めている子供たちは少なさそう・・・。

1月は「立体だまし絵」特集。誠文堂新光社から「へんな立体」を出されている杉原厚吉さんの作品が紹介されていました。
杉原さんの作品は以前私も作ってみましたが,確かに指先を通じて脳が鍛えられました。
 → へんな立体 2008.02.24 Sunday / 弊ブログ

3D錯視ちょっと別の種類になりますが,これまた以前に作った立体だまし絵を並べておきました。
左の緑の恐竜は「ガードナー・ドラゴン(Gathering for Gardner Paper Dragon)」。
どこから見ても恐竜がこちらに首を振って睨んできます。両目でみるとそうでもないのですが,ラップの芯から片目で覗くと「おおっ!」となります。
ガードナーということは,数学パズルなどの研究家で有名なマーチン・ガードナーさんが考案したのかな?
 → Gathering for Gardner Paper Dragon / Great things on the web
右の車の作品は,デザイン・シコウさんの "DRIFT BATTLE"。
 → 遊びの工房 / horirium

ガードナー・ドラゴンの動画


へんな立体―脳が鍛えられる「立体だまし絵」づくり
杉原 厚吉 (著)
出版社: 誠文堂新光社 (2007/10)
ISBN-10: 441680752X


| FLYMAN あるいは hyaru | 23:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
ポールンロボ届く
ポールンロボ自動花粉観測機『ポールンロボ』が私の所にも届きました。
 → 花粉観測機『ポールンロボ』まもなく設置完了/ウェザーニューズ

ポールンロボは人の頭を模した形状となっており,内部のファンで人の呼吸と同じ量の空気を吸引し,その空気中の花粉数をカウントします。ロボはネット接続されており,一定間隔でホストコンピューターへ結果が送られます。
さっそく設置しましたが,かなりの明るさで目が光ります。じっとこちらを見つめているようで,ちょっと不気味。

なお,その目は花粉の飛散量によって色が変わります。ポールンの目
 → ウェザーニュース・花粉情報
| FLYMAN あるいは hyaru | 20:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
書籍「理科の実験 安全マニュアル」
理科の実験安全マニュアル理科支援の事務局より、参考図書として配布されました。
「実験」となっていますが、教室内での物理・化学関連実験以外にも、生物や野外活動にいたるまで網羅されています。豊富な事例が、解説および予防方法・起きてしまった時の対処方法について述べられています。
さらに、実験事故に関する裁判例も紹介されています。

「理科の実験 安全マニュアル」
 著者: 左巻 健男, 石島 秋彦, 山本 明利, 西潟 千明
 出版社: 東京書籍 (2003/08)
 ISBN-10: 4487799023
 価格: ¥ 1,575
自分の専門分野関連については大変納得できる内容であったことから,この本全体も優れたものであると感じました。
ただ,著者の個人的体験や感想の記述がところどころにあり,これはこれでより参考になって良いのですが,共著の書籍であるため,誰が書いたものかが分からない点が気になりました。
| FLYMAN あるいは hyaru | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
また校庭にミステリーサークル
ミステリーサークルSまた新手のミステリーサークルが出現しました。
特に目印は無く,適当に歩いて作っているようなんですが,意外に簡単に正確な円になるものですね。
(左の画像をクリックすると拡大されます)
| FLYMAN あるいは hyaru | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
雪の校庭にできたミステリーサークル
雪のミステリーサークル近所の小学校の校庭に,突如ミステリーサークルが出現しました。
(左の画像をクリックすると拡大されます)
正体は,この小学校の校長先生が除雪機を使って作られた雪のオブジェ。
しかし,直径10mほどの非常に整った円形をどのように作ったのか。除雪機はキャタピラーで進むのでなかなか運転は難しい。さらに円の軌道で運転するには何を目印にしたのかな?
あるいは,校長先生は宇宙人だったのか・・・。ナゾが残ります。
(その後の調査で,校長先生は宇宙人ではなく数学が専門の先生ということが分かりました)

なお使用した除雪機は下の動画と同じようなものです。


さて,その秘密は・・・
続きを読む >>
| FLYMAN あるいは hyaru | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
H23 お年玉付き年賀ハガキ 当選番号
下一ケタでソートしてあります。下一ケタが「5」「6」「7」「8」は無条件でハズレ。

■平成23年当選番号
2等 403580
2等 022471
4等 ----02
3等 --8363
1等 651694
2等 228949
4等 ----69
 → 平成23年用お年玉付郵便葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手当せん番号 / 日本郵便
| FLYMAN あるいは hyaru | 21:36 | comments(1) | trackbacks(0) |
2010 初雪
2010-12-15夜の雪12/15に雪が降りました。
しばらく前にミゾレは降っていて,そのとき福井気象台から初雪との発表がありました。
しかし,今回のはフワフワと落下速度が明らかに遅い,正真正銘の純粋な「雪」です。心情的には今回が「初雪」ですね。
昨年も同じ頃に初雪があり,その後5日連続で降り続き,30cm以上も積もってびっくりでしたが,今回はそんなこと無いようです。
ただ,来週の天皇誕生日頃に今回よりも強い寒気が来るようで用心ですね。
| FLYMAN あるいは hyaru | 23:25 | comments(2) | trackbacks(0) |

My associate web store

個人消費が日本経済を救う
1500円以上は送料無料
さぁ・Let's クリック!!!


気になるグッズ
備忘ログの本棚


手軽で便利なプレゼント Amazonギフト券

雨雲レーダー

Entry

Category

Comment

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Mini BBS


Profile

Search

Link

WebLog

The moon phase


太陽黒点
Planetary Motion
by Moon Age Calendar
現在の内惑星の位置
by つるちゃんのプラネタリウム
The Sun Now / SOHO
Nikon 今月の星空案内

Podcast RSS ラジオ

Feed

Sponsored Links (広告)

無料ブログ作成サービス JUGEM トレンドマイクロ・オンラインショップ

Trackback

!スパムTBが多いため,送信元の記事に該当記事へのリンクがないトラックバックの受付を拒否する機能を設定中です。よろしくお願いします。

Archives